Archive for the ‘2009’ Category

スノーキャンプin菅平高原 4日目 雪の森遊び

木曜日, 4月 1st, 2010

ずんずん森に入る子どもたち。
遊んでもよい森の範囲と道具のお話を聞いたら、早速森に散らばりました。

やりたいことがいよいよできる嬉しさと、
やりたいことがいっぱいありすぎで口が止まらない子ども達。
スタート当初は、森の中がずいぶん騒がしい!

あっちで落とし穴づくり、こっちでそり遊び。
上のほうで基地作り、下のほうでも落とし穴。
平だった雪面が、みるみるでこぼこ立体的になっていきます。

11時の昼食タイムは、宿のオーナー手作りのおむすびを
雪の上で頬張りました。遊ぶ時間がもったいなくて、
3個目を我慢してまた遊び場へ・・・。
またたくまに時間は過ぎ、お迎えのバスに乗る時間。

終わりの会でのこと。
「家に帰ったら、まず何を話す?」の質問に、
「そういえば、大変なことがあったんだ・・・。」とつぶやく男の子。
「!?」

“止まろうと思ったら、くるっと後ろを向いちゃって、そのままずりーっと滑って、最後は転んで頭を打った!”

子ども達の体には、キャンプの思い出が1分1秒単位で刻まれているようでした。
家に帰ったら、いろいろお話して下さいね!
そして、お願いしてごらん、「またキャンプに行きたい!」と。
「ありがとう。」も忘れずにね!

キャンプへのご参加ありがとうございました。
みんなの笑顔に出会えたことに、感謝でいっぱいです。
菅平高原でまた会える日を楽しみにしています。

camp_0401_04camp_0401_03
camp_0401_01camp_0401_02
camp_0401_08camp_0401_07
camp_0401_06

スノーキャンプin菅平高原 4コース3日目 アルペンスキー

水曜日, 3月 31st, 2010

今日も一日たっぷりのスキー。
曇り空に晴れ間がのぞき、暖かで絶好のスキー日和でした。

「昨日の朝よりちょっと食欲がなかったかな。」
とは、朝の宿のオーナーの言葉。
疲れがたまっているのかな・・・と気を使ってみたものの!

「早く行こうよー!」
“チョコレート休憩”は1分もたっていないのに、この声。
「先に行っててもいい?」
目の前の広い斜面に、飛び出したくて仕方ない子ども達。

疲れてないのかな。
インストラクターは、子ども達のパワーに圧倒されっぱなしでした。

【生まれて初めてグループ】は、急斜面からの大滑走。
【山頂に行きたい!経験者グループ】は、山頂直下からの超ロングコースをノンストップで滑りきる。
【山頂から大滑走のチャレンジャーグループ】は、上級者コースを果敢に攻める。

午後の終わりに近づくと、ドテっと転ぶ子ども達。
笑顔で起き上がるけど、体はやっぱり疲れているね。

それにしてもよく滑りました。
2日間でこれだけ上達するのだから、その可能性は計り知れません。

明日は、いよいよ最終日。
菅平とっておきの雪の森へ、GO!

camp_0331_01camp_0331_02
camp_0331_03

スノーキャンプin菅平高原 4コース2日目 アルペンスキー

火曜日, 3月 30th, 2010

朝起きたら、真っ青な空とふわっふわの雪!
今日は、どきどきワクワクのスキーに挑戦です。

レベル別の3グループ、それぞれの様子を追いかけてみましょう!

【生まれて初めてグループ】
緑のゼッケンに首を通し、自分の背丈ほどの板を抱き抱え、心臓バックバク。
緩斜面で、“すべる”の感覚を全身に浸み込ませます。
縮こまっていた体がのびのびしてきたら、リフトに乗車!

人生初リフトは、壮大な景色に足元も震えちゃうほどでしたが、
何回も乗るたびに、いつしか後ろを振り向く余裕が出てきました。
一日の締めくくりは、何と、スピード競争!
上達のスピードを競い合った仲間の晴れやかな顔が印象的でした。
camp_0330_101camp_0330_105
camp_0330_103camp_0330_102
camp_0330_104

【山頂に行きたい! 経験者グループ】
ピンクのゼッケンに身を包んだのは6人。
スキーの感覚に磨きをかけ、ゲレンデの高みへの意欲満々。
お互いの滑りに注目しながら、スピードコントロールの精度を高めます。

両手をたたき、魔法をかけたらあら不思議、行きたい方向に曲がります。
自分の体で板を操る醍醐味を存分に味わった一日でした。
スピードに挑戦した今日のラストラン。
明日のスキーでは、さらに高いところからの景色を楽しみたい!
camp_0330_201camp_0330_202
camp_0330_203

【山頂から大滑走のチャレンジャーグループ】
ブルーのゼッケンを颯爽とかぶり、リフトに連なり一気に山の上へ。
ちょっとドキドキしながらも、カメラへのポーズを決める余裕があります。

急な斜面に大きな弧を描きながら、仲間がつながる滑走は、圧巻!
途中でちょっとコケたって、起き上がるスピードもさすが!
目指すところを遠くに見据え、斜面を何度も駆け抜けた一日。
菅平の風を全身に浴びて、板との一体感を満喫しました。
camp_0330_303camp_0330_301
camp_0330_302

午後のエネルギー補給は、ベースキャンプでのカレーライス。
夜は、宿のオーナー愛情たっぷりの手料理に舌鼓み。
真っ赤に焼けた頬いっぱいに、いただきます!とごちそうさま!
camp_0330_lunchcamp_0330_paru
camp_0330_bugcamp_0330_wood

スノーキャンプin菅平高原 4コース 1日目雪遊び

月曜日, 3月 29th, 2010

スノーキャンプin信州・菅平高原 4コースがスタート!

朝から深々と降りつづく雪が、元気いっぱい22名の子ども達を出迎えました。
昼食をモリモリ食べたら、スキーウェアに変身。
さらに、“キャンプネーム”を決めて、2度目の大変身。

camp_10032904_01camp_10032904_02
camp_10032904_03

準備万端、早速外へ飛び出し雪遊び!!
すでにリフトが止まった広大なゲレンデは、貸しきり状態の使いたい放題。

「使い道のお手本を見せよう!」
と“肥料袋”を持って斜面を駆け上がるJくんの姿を追う仲間達。
斜面を滑り降りる勇士をしかと見届けた後、思い思いに雪原に散らばり、
肥料袋はソリに、スノーソーとスコップは雪の家の建築道具になりました。

ソリコースを何度も駆け上がり、スリル満点の大滑走は転げたり連なったり。
雪のブロックが積みあがった家は、暖かな空間に出たり入ったり。

パウダースノーと寒さにまみれた飛びっきりの笑顔でスタートしたキャンプ。
明日はスキーに挑戦です!
camp_10032904_04camp_10032904_05
camp_10032904_06camp_10032904_07

スノーキャンプin菅平高原 3コース 4日目

月曜日, 3月 29th, 2010

いよいよキャンプ最終日!

板を履き、リフト乗り場へ向かうスピードは、3倍にアップ。
勢いよくゲレンデに飛び出したものの、真冬のお天気に逆戻りの今日。
雪が舞い風が吹きすさぶ中、“寒い!と楽しい!”の気持ちがゲレンデを交錯しました。

「ねぇ、自由に滑りたい。」
今までずっとインストラクターの後ろを滑っていたNちゃん。
ちっちゃな声で大きな勇気を振り絞った瞬間でした。
広い斜面をスピードに乗って滑りぬけた顔は、嬉しさでいっぱいでした。

4日間で、自分の“やりたい!”に挑戦した子ども達。
Nちゃんのように数々の自信を蓄えた仲間は、ゲレンデの遠くからでも
姿を見つけると自然と集まります。
スキーコントロールはもちろん、仲間と寄り添う姿が、
何だかたくましく、頼もしく映えるのでした。

これからの人生も、菅平高原から応援しています!
キャンプで出会えたことに感謝して、4日間のキャンプ日記を終わりにします。

camp_100329_01camp_100329_02
camp_100329_03camp_100329_04
camp_100329_05camp_100329_06

camp_100329_07