Archive for the ‘2012’ Category

ウインターキャンプ 4日目

土曜日, 3月 31st, 2012

「おはよう~」と宿の食堂のドアを開けると、今日はスキーウエアを着ていないので一回り小さいみんな。
最終日は、キャンプの思い出を入れる、思い出お土産づくりです。

説明を、前のめりで聞いたら、さっそく片手にノコギリ、片手に軍手でスタート!
「曲がっちゃう~」「切れない~」とめげそうになりながらも、
「引くときに切れるんだよ。体の中心でノコギリを使ってごらん」
とはせじぃからアドバイスをもらうと、黙々と作業を進めます。
IMGP5368 IMGP5371
手も、足も、早くできた友達の手も借りながら、板が切れたら、ビスで箱の形に組み立てていきます。
「木の中心が、箱の内側になるように板を置いてね」
大工さんレベルの注文に、じっと板の断面を見つめながら「¬」「カタカナのコ」「漢字の口」と
だんだん箱らしくなってきて、みんなの期待も高まります。
初めての電動ドリルも、何度か使っているとだんだんスピード調節もうまくなりました。

DSCF7390 DSCF7392
DSCF7403 DSCF7398

ノコギリの削りかすで、真っ白になってしまった靴下を脱いでお昼休憩。
おいしいカレーを3杯おかわりした子もいました。
窓の外の雪が激しくなってきて、「あんな山、あったっけ?」と首をかしげる一幕も。

お昼の後は、森の素材を使って素敵に飾り付け。
自分の名前を小枝で作ったり、たくさん遊んだヤマブドウを飾ったり、一気ににぎやかな箱になりました。
「あ~、抹茶の木を持って帰ってくればよかった~」と残念がる声も聞こえましたが・・・。
IMGP5375

出来上がったら、終わりの会。
出来たてほやほやの箱を胸に、ひとりひとり前に出て、今回のキャンプで一番楽しかったことを入れ、
次にやってみたいことを取りだしました。

「大きな雪玉をつくる!」「もっと深い落とし穴を作る!」「夏のキャンプで川遊びをする!」
たくさんのやってみたいことが箱からあふれ、次のみんなとのキャンプはまたまた楽しそうで、
待ち遠しいです。
オーナーさんもおいしいご飯を作って待っていると言ってくれたので、
またぜひ菅平高原に、遊びに来てくださいね。
来てくれてありがとう!!

DSCF7435 DSCF7443
DSCF7447

ウィンターキャンプ3日目

金曜日, 3月 30th, 2012

今日も元気にスキーウェアへ変身した子ども達が
まず最初に向かったのは、宿の目の前にある雪の山。
みんなであいさつする前から、子ども達は手作りソリで滑ったり、雪を投げたり。
雪遊びは外に出た瞬間から始まっていました。

昨日見つけて気になっていた『おっきなつくし』を
バシバシたたいたら、いっぱい種が出てきたり、
横に倒れた木に『何人座れるか大会』をやってみたり、
小さな小さな鳥の羽をみつけたりと、雪の森には面白いことがいっぱい!
折れていた木をもぎ取って匂いをかいだら
「これ・・・、抹茶のにおいがする!!!」とつぶやく子。
ホント??とさっそくみんなで確かめたら・・・やっぱり抹茶の香り。
「ここは抹茶の森って名前にしよう!」

DSCF7323IMGP5277
IMGP5289IMGP5297

抹茶の木を販売するお店屋さんは大盛況で、
じゃんじゃん雪玉のお金が必要に。
「もっと大きなお金が必要だよ」とさらに大きなお金を作り、
100万円、150万円、そして500万円・・・と巨大な雪玉のお金が完成!
昨日つくったかまくらをさらに楽しい広場にしようと
2段式の滑り台づくりに挑戦した子。
なかなかうまくいかなくて大変だったけど、
出来上がると、みんなが集まり大人気でした。

IMGP5314IMGP5324
DSCF7328DSCF7355

今日のお昼はおにぎりと味噌スープに好みの具をトッピング。
お腹がいっぱいになると、さらにじゃんじゃん遊びました。

「神のいうことが聞けぬのか~ 雪合戦!!!」
「わぁ~、あんなところに天使の輪があるよ~!」
「この枝はチョコレートのにおいがする」
と、子ども達の遊びや発見は続きました。

IMGP5328DSCF7331
DSCF7346DSCF7370
IMGP5312IMGP5355

さらに仲良くなった仲間たち。
今日も森の中に子ども達の笑い声が響き渡った一日でした。

ウインターキャンプ 2日目

木曜日, 3月 29th, 2012

昨日の夜のやりたいこと会議では、いろいろな意見が飛び出しましたが
明日もあるということで、今日は「とおくへいく!」」と「男女対抗雪合戦」をメインにすることに。
みんながはぐれないようにチーム名「ジョーカー」と大きく書かれたキャンプフラッグを持って出発!
実は、チーム名は「無敵団」という候補もあったのですが、
「無敵団だと、こわい人たちにケンカを売られそう・・・。」というわけで、「ジョーカー」になりました・・・。

DSCF7270 DSCF7276

まずは宿の前の坂でひとしきり滑ったり、昨日作った彫刻を確認したり、
「雪の季節しか見られない芸術」を見たりしていたら、
仲間がキツネの足跡を発見!
さっそく追いかけて森の中へ行くことにしました。
途中でリンボーダンス場があれば、のけぞり、謎の穴があれば掘り進み、疲れたら一休み。
キツネに導かれて、ずんずん森を行ったら「ここで雪合戦しようよ!」の声。
男女に分かれて3回戦、そのあとは男女入り混じって1回戦。
木をうまく使ってよけたり、王様を守ったり、一回戦ごとに休憩が必要なくらい白熱した試合でした。

IMGP5146 IMGP5142
IMGP5170 IMGP5174
DSCF7291
散歩に来ていたオーナーとワンちゃんも一緒に写真を撮ったあとは、
大きな雪玉を転がしたり、そりの新しい滑り方を開発したり・・・。
お昼は宿のおむすびと、自分で盛り付ける醤油味のスープをペロリ。

IMGP5214 IMGP5223
午後も、トンネルを掘ってほって掘って貫通させたり、かまくらが地下通路とつながったり
雪合戦の続きをしたり、探検に行ったり、落とし穴を作ったりと思い思いにたっぷり遊びました。
1日中遊んだら、手袋は絞れるくらいにびっちょりでした。

DSCF7309 IMGP5226 

DSCF7315 IMGP5217
宿に戻って乾燥室で乾かしてもらい、あったかおふろに直行でした。
夜はこれから肝試しの予定です!

2012やまぼうしウインターキャンプ 1日目

水曜日, 3月 28th, 2012

朝からじゃんじゃん雪が降り、とっておきの雪化粧をした菅平高原に
地元上田市から、東京から、神奈川から、元気な仲間が降り立ちました。

腹ごしらえをしたら、さっそくキャンプネームを決めてウインターキャンプの始まりです。
「なんだかこっちの窓から見た方が、たくさん雪が降っているように見えるね~」
「夏の原人キャンプの時と、同じキャンプネームにしよっと」

DSCF7238 DSCF7240
雪遊びの恰好に変身したら、それぞれにこの後大活躍するソリを作りました。
初めての三つ編みに苦戦した仲間もいましたが、「最後の方がうまいな~」とみんな口々に言っていました。
穴にひもを通すのが上手な穴通し名人は、ほかの仲間のも通してくれました。

IMGP5097 IMGP5100
宿を出発すると、目の前には雪の壁、手にはソリ・・・
誰からともなく一斉に登り、滑り、落ち、転がり、大笑い!
坂の途中で雪に埋まったビービー弾をみつけたり、巨大な雪玉を作ったり、「イモムシ滑り」も楽しみました。
傍らでは、雪の芸術の展示場ができていたり、とってもきれいなつららを見つける仲間も。
ソリ滑りをしたかったのに、なぜか雑巾がけのようになってしまう場面もありました。

IMGP5107 IMGP5114 IMGP5127
IMGP5117 IMGP5121

たっぷり遊んで、集まってみるとみんな雪まみれ。
たくさん滑ってツルツルになった坂の横で、大きな雪だるまが笑って見ていました。

DSCF7262 DSCF7259

あったかお風呂と夕ご飯の後は、明日と明後日の「やりたいこと会議」をします!

IMGP5131