Archive for 8月, 2010

42コース 4日目 リアリティを追求した最終日

水曜日, 8月 25th, 2010

セリフや流れで難航することもあるCM作成ですが、最終コースは
気合いが違いました。
「CMづくり考えてきた?」と聞けば
「パーフェクト!」と頼もしい返事。
IMG_1679
役割やロケ地まで決まっているというので、ますますビックリ!
今回の俳優たちは、あくまでリアリティにこだわります。
・テントの説明は、実際にテントの中で寝袋に入って「あっちぃ~」
・川遊びは橋の上まで行って、沢の流れをBGMに。
・肝試しは、2日前の夜のオバケ役が笹から飛び出る!

テントサイトでの撮影終了後は、大道具にもなったテントを皆で畳みます。
長ーいポールを「半分から折るよ~」との説明に、
「半分てどこ???」
「このポール、どこのテントの? からまっちゃった~」
と首を傾げながら、頑張って全部をテント用バッグに収めました。
IMG_1696IMG_1698

忙しい俳優陣、段ボールを持って移動する先は・・・
そう、1日目に走り3日目に滑った丘で「段ボールそり」の撮影。
「また滑って遊びたいんでしょ~」と突っ込まれつつも、
「やっぱりあの丘でなきゃダメなんだよ」とリアルを追求する姿勢を崩しません。
滑る役もセリフも最後の締めも、準備OK!
でも転がり方は決められず、段ボールからゴロンゴロン転がり出てハイ、セリフ!
IMG_1702IMG_1706

撮影終了後は始めの会をした場所で集まって、
こんなに楽しめた4日間の仲間たちに、心から感謝の「ありがとう」を言いました。
IMG_1720
大画面の上映会では、自分の出番を照れながらも誇らしげに見つめる姿が。
別プランの子たちにも大好評で、拍手喝さいの中で終了した上映とキャンプ。
最後に全員で言ったセリフ、覚えてるかな?
「楽しいから来てください!!」
IMG_1722IMG_1724

また菅平高原(水が美味しいからウマ水平高原、という子も)に遊びに来てね、
冬も来年も再来年も、待ってるよ~!

42コース 3日目 森と丘を遊び尽くした1日

火曜日, 8月 24th, 2010

涼しい高原の朝の中、元気にテントから飛び出してきた仲間たち。
採りたてきゅうりや新鮮野菜、昨夜食べきれなかったアルミ焼きのジャガイモを
思い思いのオリジナルサンドウィッチに挟んで「いただきまーす!」
DSCN6114

「早く森に行こうよう!」
という声に便乗して、一晩眠って苦労して畳んだ寝袋を片づけたら
さっそく森へ。
送迎の車を待つ間も一瞬の間も惜しんで、タイムマシーンに見立てた
ショベルカーで遊びます。
DSCN6122
森に入ってしまえば、重力なんて関係ない?
早くもつるにぶら下がって木を駆け上る姿が。
たくさん枝が張りだした木には、あっという間に子供が鈴なりです。
ある木にバッティングセンターやツリーハウスが出来れば、
「あっちには負けないからね」と別の木にブランコ・ハンモック
・平均台が出来てきました。
DSCN6126DSCN6132
DSCN6147DSCN6140
DSCN6163
「宝探しする人集まれ~」「宝って何?何?」
森の中に隠されたたおやつを見つけてエネルギー補給したら、
帰り道の乗り物はなんと段ボール。
ハギやススキがそよぐ丘を、何度も勢いよく滑り下ります!
DSCN6192
DSCN6193DSCN6200

明日はとうとう最終日、色~んなことが詰まったCMは
一体どんな作品に仕上がるのかな?

42コース 2日目 一生懸命笑って走って食べた1日

月曜日, 8月 23rd, 2010

いい天気を予感させる青空の下で始まった、「やりたいこと会議」。
昨日やり残した手つなぎ鬼を始め、やりたいことが続々と出てきて、
紙を張るのも大変なほど。
まずはテント張りから。
自分の身長の何倍もあるポールを伸ばし、「う~ん!」とテントに通してまげて、
立派なテントが3つも立ちました。
DSCN5985DSCN5993
ギラギラ日差しが眩しくなってきたら、それっ川にダイブだー!
川の水が冷たくて気持ちよくて、思わず座り込んでしまうくらい?!
石切りや即席ダムでも盛り上がりました。
じゃんけん争奪戦が起きるほど美味しいおにぎりでお腹がいっぱいになったら、
いよいよ悲願の手つなぎ鬼。
本気で走る参加者と観戦者と川遊びで濡れたお洋服たちが、夏の終わりの
太陽の下で楽しそうに笑っていました。
DSCN6004DSCN6014
DSCN6023

さてさて、汗をかいたら流さないといけません。
縄文式火起こしで「昔の人って大変だったんだねぇ」と言いながら一生懸命
火種を作成。
縁の下の力持ち:ヒノキの皮を割いて叩いて柔らかくする係りも大忙し。
「命の火が点いたぞ~」
何度か失敗したあとに、やっと点いた火を大事に大事に大きくして入った
お風呂は最高!!
DSCN6034DSCN6035
DSCN6056

収穫から始めた夕飯は、釜炊きご飯・具沢山スープ・野菜炒め・焼きトウモロコシ・
焼きナス と超豪華。中には2皿食べた仲間も!
でもでもデザートはやっぱり別腹。
甘~いデザートをしっかり頬張って、夜の肝試しに備える仲間たちなのでした。
DSCN6090DSCN6101

42コース 1日目 足がびっくりするくらい走った1日

日曜日, 8月 22nd, 2010

照りつける太陽に負けないくらい、「遊ぶぞ~」と目をギラギラさせた仲間が大集合。
キャンプネームに変身したら、ペットボトルの中身を満タンに。
お茶をシェイクして、「子どもビール」を作る姿も・・・。

「え~遠い~」
ダボスの丘を見上げて、根をあげそうになりながら、一歩一歩登るみんな。
ワレモコウやマツムシソウなど、秋の花々に応援されながら登りました。
登り切った先には、広~い草原!
「おにごっこしよ~」といっせいに駆けだしました。
忍者のように隠れたり、はさみうちで追いかけられて、ものすごいダッシュしたり。
日影でちょっと休憩した後も、「けいどろ」で大盛り上がり。
すばしっこい泥棒に、警察が苦戦していたらタイムオーバーになってしまいました。

今日できなかった「手つなぎ鬼」は、明日に持ち越すことにし、
宿のオーナーさんのお迎えの車に乗って、宿舎へと移動しました。
明日もいっぱい走れるように、いっぱいご飯を食べてね。
IMG_1611 DSCF3404
DSCF3407 DSCF3410

42コース 4日目 笑っちゃうCM完成!

日曜日, 8月 22nd, 2010

「CM考えたよ!コケコッコーで始まるんだ。」
みんなの表情がとってもさわやかな朝、手には、昨晩考えたという原稿が。

・ワンワン!(と鶏に代わり、なぜか犬の登場)
・火おこし、沢遊び、きゅうり、薪割り、ととびっきり楽しかったことを再現してみせる
・宿で描いた絵で締めくくり
アドリブもなんのそのの、5人の出演者。
ビデオが止まった瞬間、その役者っぷりにみんなの笑顔がはじけた!
blogcamp_100822_02

CMに登場するくらいみんなのお気に入りきゅうり。
カッテシッタル畑へ行き、最後の収穫。
塩・酢・だしの素でもんで、沢で冷やし、お昼のおともの準備完了。
blogcamp_100822_04blogcamp_100822_05
blogcamp_100822_05blogcamp_100822_09

ぺちゃくちゃおしゃべりが響いたテントをみんなでたたみ、
「テントサイトありがとう!」と遊びに遊んだこの場所とお別れ。
blogcamp_100822_07blogcamp_100822_08

CMを大画面に映し出すと、照れくさいから最初は横目。
終わってみればまたまた大きな笑いの渦。
blogcamp_100822_10

「もうあと30分だー!帰りたくなーい!」
キャンプのタイムリミットを感じながら、みんなで最後の昼食。
テーブルの真ん中には、あの、お漬物。
blogcamp_100822_01

「楽しかったから、また菅平に来たい。」
ぜひおいで。その時は、また一緒に遊びを考えよう!

41コース 3日目水浴び、泥んこ、そして暗闇の一日

土曜日, 8月 21st, 2010

寝袋でもぞもぞする至福の30分を楽しんだ後、6時半起床。
朝採りきゅうり入りサンドイッチを味わったあとは、
沢チームと野球チームに分かれ、朝のひと遊び。
いつもなら寒いくらいの8月後半が、今年はまだまだ暑い。
だから水に入りたくなるし、バットがわりの竹を振れば汗が噴出す。

blogcamp_100821_11blogcamp_100821_10

蒸し風呂のようなテントをきれいにし、外に出ると風が涼しいこと!
そのまま森へ出発!
blogcamp_100821_09

ハギ咲き乱れる丘は、涼しい風が背中を押してくれます。
blogcamp_100821_01blogcamp_100821_08

早速二手に分かれ、二階建て基地と地下の基地づくりスタート。
お互いの進み具合を横目&冷やかしで気にしつつ、
二階建てチームは通路つきで見事に完成。
地下基地チームは、いつの間にかターザンロープでおおはしゃぎ。
「これ、壊れそうじゃん!」などと言いながら、しっかり樹上(二階建て基地)でもはしゃぐのでした。
blogcamp_100821_02blogcamp_100821_06

森のトイレ?いえいえ、地下基地づくり始まったところ。
blogcamp_100821_04

風をきって駆け下りるターザンに大歓声。
blogcamp_100821_05blogcamp_100821_03

森遊びが終わると、来た道を戻り帰りました。
遠く浅間山、背中に根子岳と四阿山。
雄大な眺めに囲まれて、どこまでも遊ぶ子どもたちは“ペットボトル転がしレース”。
(ほとんど投げてましたが・・)
blogcamp_100821_07

目いっぱい遊んだあとは、あったかお風呂と美味しい夕食で一日の疲れを拭い去る。
すっかり暗くなった20時、全員で「ナイトウォーク」へ行くことに。
車で走っていた道は、歩いてみるといろいろな発見。
赤い窓の家、バスがとまるお寺、ひっそりたたずむ小学校。
森の動物達にも想いを馳せた夜。

宿に戻れば、真っ黒な足を拭こうね!とやさしいお母さんが待ち構えるのでした。
明日も元気に会おう!

41コース 2日目 豪快沢遊び&男の手料理

金曜日, 8月 20th, 2010

暑い太陽が嬉しい朝。
昨日よりもっと深い沢に行こう!

「うひゃぁー冷たい!いや、そうでもないかも・・・」
先頭をガシガシすすむDくんは、生き物探しに必死の形相。
かたや、生物の観察に夢中でタモを見つめる子。
5人5色の沢遊びは、水しぶきが豪快が跳ね上がる。

blog_100820_11blog_100820_12

帰った後の至福の時は、やっぱり五右衛門風呂。
「こんなに暑いのに、暖かいお風呂が気持ちいいのは何でだろうね?」
「液体っていうのがいいんじゃない?」(分かったような、分からないような会話・・・)
blog_100820_05
それはね、こんなに苦労して沸かしたからだよ!!
blog_100820_09blog_100820_08

「ラタトュユとかどう?」「コロッケ作れないかな。」
掘ったおイモはコロッケに。もいだキュウリは、スープに。
それらを口に運ぶのは、竹でつくったMy箸。
おかゆみたいだったご飯を忘れさせてくれる甘いトウモロコシも、自分たちで収穫。

「モッタイナイから卵焼きにしようよ。」
と、Rくんはあまった卵に砂糖を入れて甘い味付けに。
小さいけどアイデアいっぱいの10本の手が、見事なキャンプディナーを作り上げました。
blog_100820_07blog_100820_06
blog_100820_03blog_100820_04

blog_100820_02
月夜に浮かぶテント。
明日はどんな一日なるかな。
blog_100820_01blog_100820_10

41コース 1日目 少数精鋭キャンプはじまり!

木曜日, 8月 19th, 2010

「よーしくお願いしぁーす!」
上田駅で出迎えたバスに乗り込む元気なあいさつ。
気持ちいい!

その割りに、「ごはん少なめでお願いします。」(到着後の牛丼ランチ)
あれれ?大丈夫?
blog_100819_07

丈夫すぎるくらい大丈夫でした。
少な目の1杯をしっかり食べたら丘へ駆け上がり・・・
blog_100819_06blog_100819_05

走り回ること1時間半。
ケイドロの“ケイ”と“ドロ”を子どもと大人で交代。
何度交代したことか。理不尽なルール(それがまた楽しい!)
に、大人は何度へこたれそうになったことか!
blog_100819_04

疲れきって座り込んだころ、丘から下山。
グラウンドでぶつかり合うラグビー選手に、熱い視線を注ぐ。
blog_100819_03

そして始まった沢遊び。
丘の陽射しで火照った体を冷やすには、もってこいだ。
水の流れをせき止めようと、せっせと石を運ぶ、置く、投げる!
おいてもおいても流れ出る水に、「水のパワーはすごいね。」
blog_100819_02blog_100819_01

「ここは、誰もこないよね?」
「また明日やろう!」
時間が来て、続きは明日やると。暑くなるといいな。

blog_100819_08

明日もたくさんたくさん、倒れるくらい遊びましょう!
5人のパワーはすごいぞ。

39コース 4日目 動き回ったCMづくり!

月曜日, 8月 16th, 2010

晴れ渡った朝!
来たときより重たくなった大きな荷物を背負い、ベースキャンプに集結。
blog_camp3904_03

テントサイトでCMづくり。
一番楽しかったことが同じだった仲間同士でグループになり、
顔つき合わせ話し合いがスタート。
シナリオ、台詞、撮影場所を入念に話し合う。

・沢に入り、ササ舟を流してみせるチーム
・「気持ちよくて出られなくなった」と五右衛門風呂の魅力を語るチーム
・テーブルを組み立て「夕食美味しかったと~」手を振るチーム
・物干しロープをターザンロープにして森遊びを再現するチーム

すべてのチームがつながり、キャンプの4日間が素敵なCMに。
ひとりひとりがつながって、“楽しい!”を共有し
“大変!”も“面倒だ~”も全部乗り越えた10人の仲間たち。

また冬に戻ってくるね!
そんな声とともに元気にバスに乗りこみました。
菅平で待ってるよ~!

blog_camp3904_04blog_camp3904_05
blog_camp3904_06blog_camp3904_01

39コース 3日目 泥だらけの森遊び

日曜日, 8月 15th, 2010

朝6時。
ぐっすり寝かせてくれた寝袋をたたみ、外に飛び出し朝ごはん!
バナナ争奪じゃんけんと、暖かい牛乳のお代わりで、エネルギー補給完了。

ペースはバラバラだけど、先に着いたメンバーの応援で全員元気にゴールイン。
そう、朝が涼しいこの日は、テントから森まで歩いて移動したのでした。
blog_camp1039_07

楽しみで仕方なかった森遊び。
森の範囲と道具、注意事項をしっかり頭に入れて散らばった先は
木の根元や木の上。その動きの早いこと!
blog_camp1039_09blog_camp1039_08

菅平のパワースポットをしっかり覚えた子どもたちからは、
お昼の場所のリクエスト。
風が気持ちよい「ダボスの丘」、そう、初日に遊んだあの場所です。
blog_camp1039_02

梅が苦手なメンバーには、ワカメのおむすびを勧めるやさしい仲間。
丘の涼風が強い陽射しに変わったころ、また森へ戻り遊び再開。
ますますエンジン全開!
blog_camp1039_01

「石油を掘り当てる。」 「いや、ぼくは温泉がいい。」
だけど、本当はキャンプリーダーを仕留めたい落とし穴。
そんな秘密をしらない仲間には、こそっと教える悪ガキたち。
blog_camp1039_04blog_camp1039_05

手作りブランコの気持ちよさを他の子にもおすそ分け。
「ジャングルジム」は、大人の手も借りてつぎつぎに組み立てる。
みんなの力は計り知れないよ。
blog_camp1039_10blog_camp1039_03

明日はいよいよ最後の日。
最高のしめくくりをしよう!