Archive for 1月, 2012

スノーキャンプ 3コース 4日目

土曜日, 1月 7th, 2012

太陽の光に反射する雪原と樹氷がとってもきれいな4日目。
今日も滑るぞ~とやる気満々のみんなは、スキーを履くのもとっても早くて驚きました。
NEC_0589IMGP3933

 

 

 

 

 

スムーズにリフトを乗り降りし、見晴最高の高いところまで上がる各チーム。
「山が雲に届いているね~、すごい」
「スキーを滑った跡が、雪の女王の髪の毛みたいだね~」
「ウサギの足跡がいっぱい!ウサギも遊んだんだね」
滑りに余裕がでてきたら、周りのおもしろいものを次々発見していくみんな。
昨日、森でたっぷり遊んだので、さらにアンテナが磨かれたのかなとうれしくなっちゃいます。
DSCN9859IMGP3916

 

 

 

 

IMGP3921DSCF6417

 

 

 

 

 
「すごい!誰も転ばなかったね!ほかのチームに自慢しよう!」と言った途端に本人が転んだのは、ご愛嬌!
オオマツ山のてっぺんから裾野まで、縦横無尽に滑り降りました。
DSCN9861DSCN9858

 

 

 

 

 

終わりの会では、スキーウエアを脱いで、見かけは一回り小さくなっていましたが、
新しいことに次々挑戦したその顔は、なんだか一回りたくましくなっているように見えました。
吹雪から最高の晴天まで、様々な天気と雪質を思い切り楽しんだみんなは、最後は大人数の兄弟のようになっていました。
夏もキャンプをやっていますので、ぜひ菅平高原に遊びに来てくださいね。
ご参加、ありがとうございました。

スノーキャンプ 3コース 3日目

金曜日, 1月 6th, 2012

車から降りた途端に、雪山に駆け上り、つららめがけて雪玉を投げるみんな。
3日目にして、最高のお天気となりました。

森をずんずん進んだら、誰も踏んでいない、ふかふかの新雪が待っていました。
「おぼれる~」「結晶がめちゃくちゃきれいだ~」「このクッション最高!」とにぎやかに、思い思いの遊びが始まります。
ギュッと固めれば、たたくと金属音(!)がするほど硬くなったり、「大雪だ~」と頭からかければ、一瞬にして白雪姫になる変幻自在の雪を前に、みんなのアイディアがあふれだしました。

DSCF6366DSCF6358

IMGP3871

IMGP3873

「この後、クマが住むといいね」と言い合うカマクラの広い入口は、ススキでカモフラージュ。
「枕もあって、いったん寝ると立てないよ」というカマクラは、寝っころがるのにちょうどいい大きさ。
マツで飾り付けしてあったり、足の出る窓(!)がついたり、内側を丁寧に手作業で美しく仕上げるところも。

IMGP3865IMGP3888

あったか具だくさん汁と宿のおにぎりをほうばったら、すぐにまた遊びが再開!
楽しいそりコース、探検コース、素敵にデコレーションされたカマクラなどなどいくつもできあがりました。
DSCF6403IMGP3906IMGP3912DSCF6406

片づけの声がかかるまで、めいっぱい遊び、気づくと手袋やウエアのそではカチコチに凍っていました・・・。
でも。みんなの前で自分たちのカマクラを披露する顔は、どの顔もとても満足そうでした。
明日は最後まで菅平高原の雪を満喫します!

スノーキャンプ 3コース 2日目

木曜日, 1月 5th, 2012

「マイナス10度でも、大丈夫じゃん!」
昨日より重装備で集まってきたみんなに、太陽がお出迎え。
昨日の吹雪を経験したら、今日の寒さなんてへっちゃらになってしまいました。

しっかり準備運動をしたら、どのチームも早速リフトへ。
まだ誰も滑っていない箇所がたくさんのこるゲレンデに、ちょっと前のめりな色とりどりのゼッケンがちらばります。
「しみしみチーム」は、誰かが転ぶとパトロールかと思うほどのすばやさで
周りをとりかこみ・・・でもよけいな手出しをしない、素敵なチームワーク。
「はせじぃチーム」は、滑るたびにだんだんと等間隔の一列で滑れるようになっていくのが美しく、
「おっちゃんチーム」は、「無理だ~、こんなところ~」と元気よく反抗しながらも一つ、また一つと上のリフトへ。
DSCF6289DSCF6294

 

 

 

 

DSCF6306DSCF6339

 

 

 

 

 

午前中、みっちり滑ったのでお昼前はちょっと口数が少なくなっていたみんな。
でも、お昼を食べたら驚異の回復力で、またまたびゅんびゅん滑りました。
寒かったので、リフトの周りの木々は日中もずっと樹氷をまとっていましたが、それがまたとってもきれいでした。
IMGP3847DSCF6336

 

 

 

 

 

リフトからストックを落としてしまった仲間のために、新雪に埋もれながら取りに行ってくれたり、
「あんな急なところ、おりられちゃったね」と健闘をたたえあったりと、
ひとりではくじけそうな寒さを吹き飛ばして、たっぷり一日スキーを楽しみました。
DSCF6316DSCF6303

 

 

 

 

 

明日は、これまたみんなが楽しみにしている雪遊び。
どんなドラマが生まれるか、ワクワクです。

スノーキャンプ 3コース 1日目

水曜日, 1月 4th, 2012

ふわふわの粉雪と共に、菅平高原に到着した3コースの仲間たち。
バスから降りるなり「さむい~」といいながら、たっぷりの雪ににっこり。
お昼を食べて、スキーウエアに着替えたら、ゼッケンを身にまとって準備完了!
部屋の中では暑いくらいのもこもこ重装備で、はじめの会を終えたらゲレンデに出発です。
DSCF6260DSCF6261

 

 

 

 

 

準備体操をしっかりしたら、グループに分かれてレッスン開始。
「おっちゃんチーム」はスキーの履き方、転び方、ブレーキのかけかたから。
「はせじぃチーム」は、ハの字でぎゅーんと滑る感覚を思い出すところから。
「しみしみチーム」は、足慣らしをしたら早速リフトへ乗りました。
IMGP3828DSCF6269

 

 

 

 

 

どのチームでも、転んでしまった下級生に、さっと手を貸す上級生のたのもしいこと。
そして転んでもすぐに起き上がって、何度も頑張るゼッケン姿がゲレンデの至る所で光っていました。
くじけそうになっても「自分に勇気!自分に勇気!」とおまじないをかけて頑張っている仲間も。
最後は、ちょっと雪の降り方が激しくなってきたのでみんなできゃーきゃー!
悲鳴と奇声を上げながら、1日目のスキーを終えました。
IMGP3820DSCF6278

 

 

 

 

DSCF6273IMGP3832

 

 

 

 

今頃、おふろで解凍され、おいしいご飯を食べているでしょう。
明日は吹雪にはならなそうなので、みんなリフトに乗るのが目標です。